「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~4期生ライブ~」

 乃木坂46が5月8日、幕張メッセイベントホールで『9th YEAR BIRTHDAY LIVE~4期生ライブ~』を開催した。

 デビュー9周年を祝う『9th YEAR BIRTHDAY LIVE』は今年2月に開催され、当初は期別ごとのライブも予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期。3月末に1期生・2期生の単独公演が行われ、9日には3期生の単独公演が予定されている。8日のこの日は4期生のライブが行われた。

「夜明けまで強がらなくてもいい」で幕開け

 ライブは、6月9日発売の27thシングル「ごめんね Fingers crossed」でセンターを務める遠藤さくらが、初選抜初センターを飾った24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」で幕開け。その後、清宮レイ・筒井あやめのWセンターで「逃げ水」、早川聖来がセンターを務める「バレッタ」、遠藤さくらがセンターを務める「ぐるぐるカーテン」と、シングル表題曲のラインナップで頭のブロックを締め括った。

 次のコーナーでは、4期生メンバーにも乃木坂46のメンバーが歩んできた歴史を経験して欲しいと、1期生の秋元真夏・齋藤飛鳥・高山一実がVTRで登場。

 下駄を履いてダンスする“下駄ップ”で「ガールズルール」、クイズに答え最下位になったチームのメンバーが、必死に自転車を漕ぎながら「走れ!Bicycle」をパフォーマンスするなど、かつて1期生がトライしてきた企画にチャレンジした。

 さらにここで4期生ライブを観ていたキャプテン秋元真夏と松村沙友理が生中継でサプライズ出演。4期生メンバーに労いの言葉を贈った。

「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~4期生ライブ~」

「4番目の光」で締めくくり

 後半戦ではユニットコーナーに突入。

 乃木坂46に数多く存在するユニット曲を先輩から引き継ぎ、躍進する4期生メンバー。本編終盤では、前日生放送されたテレビ朝日系「MUSIC STATION」でも披露された「I see…」をはじめ、「キスの手裏剣」「図書室の君へ」「Out of the blue」と4期生楽曲を立て続けに披露。本編ラストも4期生メンバー用に初めて書き下ろしされた「4番目の光」で締め括った。

「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~4期生ライブ~」

アンコール「おいでシャンプー」

 アンコール1曲目では、27thシングル「ごめんねFingers crossed」に収録される4期生楽曲「猫舌カモミールティー」の新曲を初披露。

 そしてこの日のライブを締め括る最後の曲は、2012年5月にリリースされた2ndシングル「おいでシャンプー」。当時はまだ小学生だったメンバーもいたはずだが、自身がアイドルに憧れ、そして乃木坂46の一員となり、先輩達が残してきた歴史を受け継いでいく4期生の姿は、感極まるものがあったパフォーマンスとなった。

 公演時間が約2時間半、パフォーマンス楽曲全27曲のうち4期生楽曲が6曲、ゆえに21曲のグループの既存曲を4期生メンバーだけで歌い切った本公演。27thシングルの活動を経て、1期生・松村沙友理の卒業が発表されるなど、今や乃木坂46は次世代メンバーへのシフトチェンジ、さらに白石麻衣や西野七瀬などのスター作りが課題でもあるが、本日の公演で当グループの明るい未来が見えた4期生単独公演であった。

「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~4期生ライブ~」

セットリスト

M1:夜明けまで強がらなくてもいい
M2:逃げ水
M3:バレッタ
M4:ぐるぐるカーテン
M5:水玉模様
M6:ガールズルール
M7:サイコキネシスの可能性
M8:世界で一番 孤独なLover
M9:走れ!Bicycle
M10:転がった鐘を鳴らせ!
M11:狼に口笛を
M12:ダンケシェーン
M13:2度目のキスから
M14:ごめんねスムージー
M15:流星ディスコティック
M16:偶然を言い訳にして
M17:雲になればいい
M18:悲しみの忘れ方
M19:日常
M20:今、話したい誰かがいる
M21:I see…
M22:キスの手裏剣
M23:図書室の君へ
M24:Out of the blue
M25:4番目の光
本編終了
EN1:猫舌カモミールティー(新曲)
EN2:おいでシャンプー