(C)Louis Vuitton Malletier

 ルイ・ヴィトンから、サステイナブル素材のユニセックススニーカー「チャーリー」が11月中旬に登場する。リサイクル素材やバイオ素材を90%使用したエコデザインとなっている。

 ルイ・ヴィトンから新たに登場するのは、メゾンの革新的なマインドに忠実に、目まぐるしく変化する現代のペースに合わせたスニーカー「チャーリー」。サイズは34-47(USサイズでは3-13)で展開、シルエットはロートップとハイトップの2バージョンが揃う。

 性別を問わず、あらゆるワードローブの新たなマストハブアイテムとなるこのモデルは、機動性、快適性、高い品質というメゾンが大切にしている価値観がすべて備わった、デイリーに活躍する理想的なスニーカーだ。

 リサイクル素材とバイオ素材を90%使用したエココンセプトにより、現代社会が呈するスタンダードに挑む「チャーリー」は、環境責任という観点から、重要な一歩を象徴するアイテムとなる。

 スタジオでのスケッチから、北イタリアのフィエッソ・ダルティコにあるルイ・ヴィトンのシューズアトリエにいたるまで、全体論的アプローチにより、循環による創造力のコンセプトが随所に適用されている。

 このコンセプトを象徴するのが、「チャーリー」の重量の50%を占めるソール。しなやかさと衝撃吸収性を保ちながら、リサイクル・ラバーを94%以上使用するという記録破りの偉業を達成。

 アッパーは、リサイクルポリエステルと、トウモロコシを原料とするプラスチック「バイオポリオーリ(Biopolioli)」の層を重ね、グレイン加工を施したなめらかな合成素材で構成される。

 また、100%リサイクル素材を使用したシューレースに合わせて、タンパッチにも、ナイロン廃棄物を100%リサイクルして作られた再生ナイロンで、繰り返しリサイクルが可能なエコ素材であるエコニール(ECONYL(R))を採用。スニーカーの背面とメゾンのシグネチャーもエコニール素材。インサイドソールとライニングにはそれぞれ、リサイクルポリウレタンとリサイクルポリエステルが使用されている。

(C)Louis Vuitton Malletier

 このアプローチをさらに推し進めるために、ルイ・ヴィトンでは、従来のパッケージを一新。「チャーリー」を優しく包むフェルトには、FSC(R)(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)の認証を受けた再生可能木材資源を原料とするブランド繊維「テンセル™」を採用。

 また、100%リサイクル厚紙でできたシューズボックスは、同じく木質繊維の「テンセル™」を使用したハンドル付きのバッグに変身。2つのサイズ展開で、合計約70%の材料の節約を実現した。植物由来インクの使用や、シューズボックスの内装のクラフト原紙の採用も、この革新的なパッケージの環境負荷を最小限に抑えることに貢献する。

 「ルイ・ヴィトンの終わらぬ旅」は、LIFE360(LVMH環境イニシアチブ)計画に沿ったメゾンの持続可能な開発ポリシー。6つの行動方針を通じて、天然資源を保護し(素材の持続的供給、気候変動への取組み、循環による創造力への取組み)、積極的に社会に影響を与える(ダイバーシティとインクルージョンへの取組み、地域社会への貢献、ノウハウの発展)ことを目指す。