ルイ・ヴィトン

 ルイ・ヴィトンが、創業者ルイ・ヴィトンの生誕200周年を記念したプロジェクト「LOUIS 200」を展開中。

 メゾンの根底には常にルイ・ヴィトンという人物の存在があった。ルイが誕生したのは1821年8月4日──それから200年の時を超えて、メゾンの中に受け継がれる彼の先見性にフォーカスした一連のクリエイティブな取組みを通して、この記念すべき生誕200周年をグローバルに祝う。

 「LOUIS 200」では、冒険家、起業家、デザイナー、そしてイノベーターでもあったルイの人生、そして彼が後世に遺したものが、さまざまな媒体や世界中のクリエイターとのコラボレーションを通して表現される。

 NFT(非代替性トークン)が組込まれたビデオゲームから、アイコニックなトランクをコンテナに見立て、200人の優れたクリエイターたちが再解釈を加える店舗のウィンドウ・ディスプレイ企画、アレックス・カッツが描くルイの大規模な三連画、フランス人作家 キャロリーヌ・ボングランがルイの人生や意図について綴ったフィクション小説(10月にガリマール出版社よりフランス語と英語で出版予定)、質素な暮らしから永世に残る遺産を残した若き先駆者ルイの人生に光を当て、彼の生き様を回顧する史上初のドキュメンタリー『LOOKING FOR LOUIS(ルイを探して)』(12月よりAPPLE TVで視聴可能)まで――「LOUIS 200」は、ありきたりな賛辞を超える取組み。ルイの人生の旅を集合的な体験として伝える同プロジェクトは、無限のインスピレーションの源となるだろう。

ゲームアプリ「LOUIS THE GAME」

 「LOUIS 200」は、まるで神話のようなルイの起源を私たちに再認識させてくれる。運命にせよ強い決意にせよ、14歳で故郷フランスのジュラ地方の山間の村アンシェを旅立ったルイは、徒歩の旅を2年続けた後にパリに辿り着き、有名な荷造り用木箱製造兼荷造り職人であったロマン・マレシャルのもとで見習いとして働きはじめた。ルイは1854年、著名なファッションメゾンが集まるパリのヴァンドーム広場からほど近い、ヌーヴ・デ・カプシーヌ通り4番地に自らのメゾンをオープンした。

NIGO(R)によるトランク

 クチュリエのシャルル・フレデリック・ウォルトとの親交や、ウジェニー皇后のトランク製造と荷造りを任されたことで、ルイの名声は高まった。交通手段の躍進に伴いトランクの重要性が高まることを直感したルイは、創意工夫や技術を駆使して、防水性のあるキャンバスを開発。また、蓋を平らにすることでトランクの構造を再構築し、徐々にその機能性を向上させた。

BTSによるトランク

 「LOUIS 200」は、荷造り用木箱製造兼荷造り職人のパイオニアであったルイと、先見の明を持って自らのライフワークの限界に挑戦し続ける今日のすべてクリエイターたちとの架け橋となるもの。この取組みは関連製品の発表を伴わず、メゾンの創造性や啓蒙、そして歴史をピュアに表現。典型的なエキシビションの形態を取ることなく、さまざまなフォーマットを組み合わせた遊び心溢れるプログラムの数々を通して、メゾンの歴史を現代的なコンテクストの中で探求する旅へと誘う。

ジャン=ミシェル・オトニエルによるトランク

 「LOUIS THE GAME」は、APP STOREおよびGOOGLE PLAYからダウンロード可能。また、世界中のルイ・ヴィトン ストアで展開されるウィンドウ・ディスプレイのプロジェクト「200 LOUIS」では、経歴や分野を超えた200人の才能あるクリエイターたちが、比類なきクオリティとサヴォアフェール(匠の技)の代名詞であるルイを独自の世界観で解釈。これらのオープニングプロジェクト、そして小説とドキュメンタリーに続き、さまざまなプログラムが2021年末まで展開される。

概要

詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイトhttp://www.louisvuitton.com