「旬のフルーツ大福」新作販売

 大阪・梅田のスイーツ店「Sweet’s(スィーティーズ)」が、手掛ける和スイーツ店で「旬のフルーツ大福」の新作を販売。

 求肥はフルーツに合うように厳選した餅粉を使用して手づくり。フルーツから出る水分を止める添加物もいっさい使用せず、求肥の仕上げ具合や、北海道産の手亡豆(てぼうまめ)を使用した餡の炊き上げ具合を調整して水分を吸収できるよう、その道15年の職人が丹精こめて作っている。

 大阪市のPieno Di Vitaは、大阪・谷町六丁目に実店舗を構えるカフェ「菓匠よしふじ」でくだもの好きのためのフルーツ大福「旬のフルーツ大福」の新作の販売を開始。

 「菓匠よしふじ」は、産地直送のフルーツを使ったケーキに定評がある和スイーツ店。旬の果物の味が濃く美味しいと感じるのは、その果物の栄養価がもっとも高まる時期に収穫しているからと言われる。

 「旬のフルーツ大福」は、その折々でいちばん美味しいフルーツを味わってもらいたいという想いから、あえて産地やブランドを固定せず、契約農家を中心に日本全国から秀ランク以上で大粒の「旬のフルーツ」だけを厳選し、果実をまるごと一つ求肥と餡で包んだ、フルーツにとことんこだわった大福。

 フルーツだけでなく、求肥(ぎゅうひ)や餡にもこだわりが。求肥はフルーツに合うように厳選した餅粉を使用して手づくりしたもの。またフルーツ大福はフルーツから水分が出るが、オブラートのようなものや添加物で水分を止める店も多いなか、よしふじでは添加物をいっさい使用せず、求肥の仕上げ具合や、北海道産の手亡豆(てぼうまめ)を使用した餡の炊き上げ具合を調整して水分を吸収できるように、その道15年の職人が丹精こめて作っている。

シャインマスカット大福

シャインマスカット大福

 一番人気のシャインマスカット大福は、大人気のブランド「晴王」の秀ランク以上のマスカットからスタート。マスカットの大きさにとてもこだわっており、粒の大きなマスカットが出てきたら品種を変えていく。「晴王」はとても甘くて味は非常に良いものだが、大粒のマスカットは美味しさに加えてジューシーさが口いっぱいに広がる。

いちじく大福

いちじく大福

 和歌山県産の秀ランク以上のいちじくを使用。柔らかく甘みが強く、酸味が少ないのが特徴。いちじくは皮と実の間に旨みと栄養があるので、召し上がりやすいよう一手間加えて丸ごと入れた。

柿大福

柿大福

 奈良県産または和歌山県産の種なし柿を使用。柿が丸ごと一個入っており、皆がその大きさにびっくりする。おみやげとして求められることも多いフルーツ大福。

ナガノパープル大福

ナガノパープル大福

 ぶどうの旨みが皮と実のあいだにぎゅっと濃縮されていることから、ピオーネなどではなく、皮ごと食べられるナガノパープルを使用。秀ランク以上のものに限定し、粒の大きさも店頭には並ばないような特別なサイズのものを契約農家から仕入れている。

みかん大福

みかん大福

 皮が薄く旨みが濃縮している小ぶりのみかんを使用。丁寧に湯むきする事でみかんの香りを閉じ込めることができる。高知産のハウスみかんに始まり、路地みかんが出てきたら和歌山産に変えるなど、その折々で味のよいものを使う。なかでも油胞(みかんの皮にみられるオレンジ色の濃い粒)が細かく、ハリのあるみかんを厳選して使用。

 通常フルーツは南から北へと収穫時期が上がっていくが、産地やブランドを固定すると、味が落ちてきてもそのフルーツを使わねばならない。「菓匠よしふじ」ではその折々で入荷できる一番おいしいと判断した果物を選定し、さらに秀ランク以上・大粒のものだけを贅沢に使用。おなじフルーツを使った大福でも時期により、違った美味しさを味わうことができる。

概要

<店舗詳細>
菓匠よしふじ
〒542-0061 大阪府大阪市中央区安堂寺町1丁目3-13(Sweet’S 谷六店内)
06-6777-4006
営業時間 11:00~21:00
定休日 不定休

<参考URL>
菓匠よしふじ 公式インスタグラム
https://www.instagram.com/sweets.yoshifuji.2020/
菓匠よしふじ(食べログ)
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270204/27118583/
Sweet’s(スィーティーズ)公式WEBサイト

トップページ