「グッチ ビューティ メイクアップ ライン」Photographer Mark Peckmezian, Art Director Christopher Simmonds

 グッチが、「グッチ ビューティ メイクアップ ライン」の日本での展開をグッチ公式オンラインショップに続き、限られたグッチ ショップでもスタート。

 グッチのメイクアップ ラインは、クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ氏によるビューティマニフェスト(美の宣言)に基づいて開発され、メイクアップはその人自身の性格や個性を表現する方法のひとつであるという考えを体現。

Photographer Mark Peckmezian, Art Director Christopher Simmonds

 自己表現と多様性こそがグッチ ビューティの核となるテーマ。グッチは、メイクアップは欠点を隠すためのものではなく、その人らしい美の言語(表現)の一部となるものであると信じている。

 そして、メイクアップ製品は誰もがなりたい自己を表現するために好きなように使えるものであるべきだと考える。それが、ありのままの自分を表現するためであっても、あるいは変身して別の個性を楽しむためであっても。

Photographer Mark Peckmezian, Art Director Christopher Simmonds

 9月から日本での展開をスタートしたグッチ ビューティには多彩なメイクアップ製品がある。ラグジュアリーなパッケージとさまざまな使い方ができるマルチユースなメイクアップ製品は、その一つひとつが独自の魅力にあふれ、揃える楽しみがあるとともに、毎日のメイクアップ ルーティンになくてはならないものとなるだろう。

 第1弾のラインアップのひとつは、グッチの新たな美の物語の幕開けを飾ったリップスティック コレクション。サテンのような光沢感がある「Gucci Rouge a Levres Satin(グッチ ルージュ ア レーヴル サタン)」、シアーでみずみずしい仕上がりの「Gucci Rouge a Levres Voile(グッチ ルージュ ア レーヴル ヴォワル)」、マットな仕上がりの「Gucci Rouge a Levres Mat(グッチ ルージュ ア レーヴル マット)」の3タイプのリップスティックに加え、唇のうるおいを守るリップバーム「Gucci Baume a Levres(グッチ バーム ア レーヴル)」、さらにグッチ ビューティの新製品で鮮やかな発色とリップケア効果が持続するハイブリッドリップスティック「Gucci Rouge De Beaute Brillant(グッチ ルージュ ドゥ ボーテ ブリアン)」がある。

 また、ベースメイクアップ製品とアイメイクアップ製品も登場。ベースメイクアップには、肌をなめらかに整えるセラム下地「Gucci Serum De Beaute Fluide Soyeux(グッチ セラム ドゥ ボーテ フリュイド ソワイユ)」、自然な仕上がりのフルイドタイプ ファンデーション「Gucci Fluide De Beaute Fini Naturel(グッチ フリュイド ドゥ ボーテ フィニ ナチュレル)」、きめ細かくマットな仕上がりで肌を均一に整えるプレストフェイスパウダー「Gucci Poudre De Beaute Mat Naturel(グッチ プードル ドゥ ボーテ マット ナチュレル)」のベースづくりの基本の3アイテムに加え、目もと、唇、頬などさまざまなところに使えて透明なベールをまとわせたような輝きを与えるジェルタイプのグロス「Gucci Eclat De Beaute Effet Lumiere(グッチ エクラ ドゥ ボーテ エフェ リュミエール)」も登場。

Photographer Mark Peckmezian, Art Director Christopher Simmonds

 アイメイクアップには、目もとの印象をさまざまに演出できるマスカラ「Gucci Mascara L’Obscur(グッチ マスカラ オブスキュール)」や眉を思い通りに描くことができるアイブロウペンシル「Gucci Crayon Definition Sourcils(グッチ クレヨン ディフィニション スルシル)」、そしてウォータープルーフのペンシルタイプのアイライナー「Gucci Stylo Contour des Yeux(グッチ スティロ コントゥール デ ユー)」を多彩なカラー展開で取り揃える。今回の第1弾に続き、グッチ ビューティ メイクアップ製品のラインアップは順次拡大していく。

 グッチ公式オンラインショップで発売開始したグッチ ビューティ メイクアップ製品の第1弾は、23日からグッチ銀座、グッチ青山、グッチ新宿、グッチ名古屋メイエキ、ニューマン横浜 グッチショップ、心斎橋大丸 グッチ サテライトショップでも取り扱う。

 また、グッチ公式アプリとグッチ ビューティ取り扱いショップでは、メイクアップ製品をバーチャルに試せるARコンテンツをご用意。スマートフォンやタブレットの画面上に自身の顔を写し出し、さまざまな製品やカラー、質感を自由に組み合わせて試しながら、理想のメイクアップ探しを楽しめる。

※グッチ ショップとグッチ公式オンラインショップでは展開する製品ラインアップが異なる。予めご了承を。

#GucciBeauty @guccibeauty

問い合わせ先
グッチ ジャパン クライアントサービス 0120-99-2177
http://www.gucci.com