目元強調メイク

 ディオールが、『春夏 2022 ウィメンズ コレクション』でディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージディレクターのピーター・フィリップス氏による60年代をイメージして目元を強調したメイクを発表。

 マリア・グラツィア・キウリ氏による『春夏 2022 ウィメンズ コレクション』のため、フィリップス氏は「60年代のフレッシュかつ生意気なスピリットをイメージし、軽やかでグラフィカルな黒のダブルラインで目を強調しました」とそのメイクについて説明。

 ディオールショウ オンステージ ライナー 096 ヴィニル ブラックを使用して、上まぶたと下まぶたにダブルラインを引き、こめかみに向けて伸ばした。アイペンシルで、2本の黒い線の間に陰影を付け、肌に馴染ませた。まぶたは、それぞれのモデルに合わせたモノ クルール クチュールを選び、肌馴染みの良いヌード系の色味で仕上げた。最後にディオールショウ カブキ ブロウ スタイラー ウォータープルーフで眉毛を整えた。

※モノ クルール クチュール 434 グレージュ, 443 カシミア, 481 ポンチョ, 530 チュール, 573 ヌード ドレス

 まずはカプチュール トータル セル ENGY スーパー セラムとカプチュール トータル セル ENGY クリームで肌を整える。次に、ディオール バックステージ フェイス&ボディ プライマー 001で肌の色ムラや凹凸を補正し、それぞれのモデルに合ったディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーションを選んだ。最後に、軽やかなディオール バックステージ フェイス&ボディ パウダーで仕上げた。

 ルージュ ディオール バーム 000 ディオールナチュラル サテンでナチュラルに潤う美しい唇を演出。

 ディオール ヴェルニ 108 ミュゲで自然な仕上がりに。

MANDATORY CREDITS:
DIOR SPRING-SUMMER 2022 READY-TO-WEAR COLLECTION
DIOR MAKEUP CREATED AND STYLED BY PETER PHILIPS
PHOTOGRAPHY: OLIVIER ROSE FOR CHRISTIAN DIOR PARFUMS

@DIORBEAUTY
@PETERPHILIPSMAKEUP