ホリデーシーズンを明るく彩る

 フェンディ(FENDI)が、2021年のホリデーシーズンを明るく彩るウィンドーやデコレーションを世界各地の直営店で披露。

 永遠の都、伊ローマとクラシックなイタリアの美意識に敬意を表してフェンディが採用したのはマーブル(大理石)模様。これまでもメゾンのシグネチャーモチーフとして度々用いられ、フェンディにおけるビジュアル表現の重要なエレメンツのひとつ。2021年ウインターカプセルコレクションで用いられたものと同じマーブル模様が、ホリデーシーズンのディスプレイ全体で輝きを放つ。

 ウィンドーと店内のインスタレーションは、不思議さと驚きを求める好奇心を原動力に、作品の素材、プロセスコンセプトを通じて世界を探求する最先端のデザインスタジオ、オッド・マター(Odd Matter)と、静物写真家でビデオ作家のマルセル・クリスト(Marcel Christ)氏とのコラボレーションによって制作された。化学工学と写真を学んだマルセル・クリストは、この2つの専門分野を融合させ、制御と美学と偶然とを意識的に配合して、強烈にダイナミック、かつカラフルな作品を作り出す。

 伝統的なホリデーカラーのレッドが、鮮やかでやや黄みを帯びたトーンのマーブル模様として、ウィンドーやファサード、インテリアを埋め尽くす。2021年ウインターカプセルコレクションの彩色されたマーブル模様から着想を得た、マルセル・クリストのビデオ作品を映し出すLEDスクリーンの傍らには、中間色のストーンの滑らかな形を特徴とするオッド・マターの彫刻が並べられる。

不思議さと驚きを求める好奇心を原動力に

 同じマーブルモチーフがローマにある「パラッツォ フェンディ(Palazzo FENDI)」のファサード全体をライトアップし、ホリデーシーズンにふさわしいレッド、ブルー、ゴールデンイエローに輝く。このホリデーシーズンのデコレーションはパリ(Paris)のモンテーニュ(Montaigne)通りやロンドン(London)のニューボンドストリート(New Bond Street)、ニューヨーク(New York)57丁目の各旗艦店のファサードにも飾られユニークで陽気なホリデーシーズンの雰囲気を盛り上げる。

 さらに、フェンディ表参道店では、隣接するアニヴェルセルカフェ表参道で期間限定のコラボカフェ「フェンディ カフェ バイ アニヴェルセル(FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE)」を開催。エントランス前にマーブル模様の台座をしつらえた大きなFのオブジェ「フェンディ ファースト(Fendi First)」インスタレーションを設置し、店内もホリデーカラーの同じモチーフが細部にまで飾られている。

 中国では、同じプリントが上海プラザ66(Shanghai Plaza 66)のポップアップショップのテーマとなり、北京SKP(Beijing SKP)店のスクリーンと店内をジャック。韓国ソウルのヒュンダイ パーク1(Hyundai Parc 1)メンズストアのエントランスはブルーグレーのマーブル模様で埋め尽くされ、店内やLEDスクリーンにもあしらわれている。

#FendiHoliday