「CLARUSR RLX ポロシャツ」発表

 ラルフ ローレンが、今年の全豪オープンテニスで「CLARUSR RLX ポロシャツ」を独占的に発表。

 世界初の高機能コットン素材を用いたCLARUSR RLX ポロシャツ。その製造には、市場初登場となる「ファイバーウェルディング」と呼ばれる特許取得製法を活用し、これまでは不可能だった方法で、バージンコットンと再生コットンの性質を変化させている。この閉ループ型製法は、コットンならではの快適性と通気性を維持しながら、速乾性や湿度調整機能などの高機能性をコットン繊維に付与。

 こうして生まれた素材は、優れた性能を獲得するために石油を主成分とした化石燃料を使用するポリエステルやナイロンのようなプラスチック系合成繊維と同様の性能を有している。この革新的なテキスタイルは、2015年に設立され、米イリノイ州ピオリアに拠点を置くナチュラル・ファイバー・ウェルディング社(NFW)によって開発された。

世界初の高機能コットン素材を用いた

 ラルフ ローレン チーフ ブランディング&イノベーション オフィサーのデイヴィッド・ローレン氏は「ラルフ ローレンは常に革新を続けながら、再生可能な素材を用いることで自らのアイコニックな製品を作り変えるための新たな方法を追求しています。天然繊維を使用しながらも、さらにそれを有害な化学物質を添加することなく改良する。そのような方法を見つけることは、消費者に向けてより多くの責任ある製品を作るという私たちの旅を続けるための先駆的なソリューションです。NFW と協力してスケーラブルかつ循環型の繊維製造技術を駆使しながら、責任と自覚をもって高品質の製品を製造し、提供することを、当社は戦略の一環としています」と述べる。

 2022年の全豪オープン大会期間中、ラルフ ローレンは、テニス界のレジェンドであるサム・グロス氏と、オーストラリアのプロサッカー選手で、熱心なテニスファンでもあるジョシュ・カヴァッロ氏によるエキシビション テニス クリニックを開催する。カヴァッロ氏とグロス氏は、このエキシビションにおいて新製品CLARUSR RLXポロシャツを着用し、オーストラリアの夏の暑さの中で発揮されるすぐれた機能性を披露する。(NFWの声明からの抜粋)

ジョシュ・カヴァッロ選手

 オーストラリアのプロサッカーチームに所属するジョシュ・カヴァッロ選手は「私は昔からのラルフ ローレンのファンです。ラルフ ローレンはすばらしいスタイルを持ったクラシックブランドであり、常に境界線を越えて、本当の意味で革新的な新製品を作り続けています。日々トレーニングにはげむプロアスリートからすれば、スタイリッシュで、すぐれた性能を持ち、どんなに暑い日でも快適に過ごせる綿 100%のシャツが着られるというのは信じがたい喜びです。しかも、そのすべてがサステナビリティ重視の精神で作られているのですから」と語る。

 CLARUSR RLX ポロシャツは、今年の全豪オープンで独占的にデビュー後、2月にグローバル展開される。また、追加のスタイルやカラー、ウィメンズウェアも数週間後に発売される予定。

 サステナブルな素材科学分野をリードするスタートアップであるNFWは、コットンおよび廃棄コットンのような天然繊維を特許取得済の高機能性素材に再利用する革命的技術を持っている。

 2020年8月に、ラルフ ローレンはNFWが特許をもつ製造方法をさらにスケールアップさせ、天然のサステナブル素材を使った世界初の機能性アパレルを開発するために、NFWへのマイノリティ投資を発表した。この投資により、ラルフ ローレンは再生コットンの使用規模を拡大し、それによって、2025年までにコットンを含む主要素材の100%を持続可能な方法で調達し、廃棄物ゼロの原則を事業全体で共有するという目標に向けての歩みを加速させていきたいと考える。

 今後、ラルフ ローレンはこのパートナーシップのもとで、ポリエステルやナイロンといった生分解性のない合成繊維の使用を減らし、より持続可能な素材や再生素材の使用を拡大していく。

ナチュラル・ファイバー・ウェルディング社
http://www.naturalfiberwelding.com

ラルフ ローレン公式 AO公式サイト
https://www.ralphlauren.co.jp/contents/rlx-clarus/