『鬼滅の刃』と船橋屋の重要なモチーフ藤の花

 江戸時代に創業したくず餅屋の老舗・船橋屋(都内江東区)が7月20日から、TVアニメ『鬼滅の刃』キャラクターをモチーフにしたくず餅・あんみつを販売する。今回起用するキャラクターは 「竈門炭治郎」「竈門禰豆子」「我妻善逸」「嘴平伊之助」「胡蝶しのぶ」の5人。 それぞれをイメージした商品をオンラインショップおよび一部店舗、催事店舗で販売。

キャラをイメージしたくず餅

 亀戸天神は江戸から人々に愛されている、東京一の藤の名所といわれている。船橋屋は初代が亀戸天神の境内でくず餅を出したことから始まり、明治の初期には隣へ店を構えた。店頭の藤棚は、時期になると見事に咲き乱れる。創業当時から密接な関係にある亀戸天神と船橋屋。それを繋いでいる藤の花。『鬼滅の刃』においても藤は特別な花ということから、今回の商品化に至った。

 船橋屋の看板商品である、くず餅。450日乳酸菌発酵させた小麦澱粉を職人が丁寧に蒸し上げている。保存料無添加で身体にもお腹にも優しい「和菓子唯一の発酵食品」。今回、船橋屋の包装紙のデザインを保ちつつ、それぞれのキャラクターの特徴と合わせた特別なパッケージが誕生。包装紙の柄に合わせたオリジナル風呂敷付き。

あんみつはセットでの販売

 また、くず餅と人気を二分するあんみつも用意。天草を煮出して作る寒天はコリっとした歯ごたえが特徴。それぞれのキャラクターをイメージした内容とパッケージに仕上げている。

 オンラインショップでは予約受付を20日から開始。到着日が7月20日以降から選べる。6月中の予約分は7月の到着となる。1カ月前の事前予約制で、7月中の予約は8月、8月中の予約は9月到着分。実店舗での販売は7月20日から開始。販売店舗は下記店舗および臨時催事店舗となる。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記。
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

概要

藤の名所でもある船橋屋

予約サイト
https://www.funabashiya.co.jp/kimetsu/

商品提供期間:2021年7月20日(火)~2022年3月末予定

サイズ:くず餅<小箱>24切入り
価格:各1600円(税込)
※日持ちは到着の翌日まで。

竈門炭治郎→こし餡のあんみつ
竈門禰豆子→もも餡のあんみつ
我妻善逸→ところてん
嘴平伊之助→豆かんてん
胡蝶しのぶ→紫芋餡のあんみつ

限定BOXに入れてご用意。
価格:3200円(税込)
※セット販売のみのご提供。バラ売りの取り扱いはないのでご了承を。
※冷蔵品です。
※日持ちは到着の翌日まで。

【販売期間】
2021年7月20日~2022年3月末予定

【販売店舗】
<常設店舗>
・船橋屋亀戸天神前本店
・柴又帝釈天参道店
・こよみ広尾本店
・BE:SIDE表参道店

<催事店舗>
・東京ソラマチ(4階):7月21日~7月31日
・イオンレイクタウン kaze 光の広場(1階):7月30日~8月15日

※催事での販売については随時船橋屋公式サイトに記載。
https://www.funabashiya.co.jp/kimetsu/